ライン

徳島森林づくり推進機構の新たな役割

ライン

徳島森林づくり推進機構の設立 〜徳島県の森林づくりの中核として〜

 豊かな森林は、私たちの生活に欠かせない木材資源を供給する生産フィールドであるとともに、 水や空気はもちろん、多様な動植物物を育むなど、私たちの住む地域全体の環境を掌握する重要な役割を担っています。
 誰もが安心して生活するためには、私たちの生活基盤の背景に広がる、この森林を大切に育て、長期にわたって健やかな森林を維持管理していくことが重要です。
 徳島県の森林は、約31万4千ヘクタールと県土の76%におよび高度経済成長期の旺盛な木材需要を背景とした拡大造林の推進によって、民有林面積29万5千ヘクタールの内62%(18万3千ヘクタール)がスギ、ヒノキ等の人工林となっており、その過半数はすでに利用可能な樹齢に達しています。




 また、県内には、樹齢千年以上ともいわれる「禅僧(ぜんぞう)杉」を育んだように、古くから続く林業の歴史があり、各地で営々と熱心な山づくりが行われてきました。
 民有林の8割以上が個人等の所有する「私有林」であるということが、徳島県の森林所有形態の特徴です。このため、山の手入れ作業等については、国、県、市町村の補助制度を活用しながら個人(森林組合に委託)が行い、基本的な維持管理は、個人の財産保全の営みに委ねられてきたところです。

 しかしながら、近年では、かつての高い木材価格に戻ることが期待できないことから、個人で森林を維持管理することが困難となった事例も多くなっています。
 また、このような森林が売買等によって、管理が十分にできない所有者や、開発、投機目的等の事業者等に権利が移っていくことにより、健全な森林を維持できなくなるのではないかと強く懸念されています。
 さらに、全国的には、資本背景が明らかでない会社等が保有目的をはっきりさせず森林を買収する事例が発生し、徳島県にもその手が伸びている可能性があると考えられるようになっており、あらためて森林管理の重要性が強く認識されるようになっています。




禅僧杉(絆の森:海陽町)

 このような森林を取り巻く状況から、"徳島県の森林づくりの中核"となるよう、平成26年4月1日に、公益社団法人徳島県林業公社と公益社団法人とくしま森とみどりの会が合併し、「公益社団法人徳島森林(もり)づくり推進機構」を発足いたしました。
 発足の同日には、県民それぞれが相互の連携及び強力の下に、森林施策を推進することを基本理念とした県の条例「徳島県豊かな森林を守る条例」が施行されました。
 私たち機構は、この条例の実行組織として、森林に関するワンストップ窓口となり、管理が行き届かない恐れがある森林の状況把握、各種団体や企業など多様な主体が協働した森林管理、保安林制度の活用や「公有林化」の推進エンジンの役割を担っていきます。

徳島森林づくり推進機構の役割


 当機構は、これまでの分収林事業などの森林経営を実施してきた「徳島県林業公社」と緑の募金事業等を展開してきた「とくしま森とみどりの会」の事業を継承するととともに、森林に関する様々な県民ニーズにワンストップで応えます。




徳島森林づくり推進機構の概要

名称公益社団法人 徳島森林づくり推進機構
所在地〒771-0134 徳島県徳島市川内町平石住吉209番地5 徳島健康科学総合センター2F(206号)
TEL:088-679-4103(代表) 088-679-8558 FAX:088-679-4104
設立昭和41年11月1日 合併 平成26年4月1日
正味財産9億5千万円                                         (平成28年3月31日現在)
会員数

役員数

職員数
正会員数52会員
徳島県、市町村24、森林組合9同連合会1、会社11、農林団体6
賛助会員等数14会員 会社9、団体5
役員等数理事長1名、副理事長2名、専務理事1名、常務理事2名、理事12名、監事2名、会計監査人1名
職員数29名(正規)                             (平成28年7月1日現在)
主な事業 公1: 森林の保育(分収林事業等)
     森林の取得及び皆伐・植林(とくしま絆の森事業)
 公2: 私有林、市町村等の受託契約(森林経営管理受託事業)
 公3: 緑の募金(募金推進及び交付金事業)
     企業募金による森づくり(とくしま協働の森づくり事業)
 公4: 普及啓発、調査研究、人材養成研修・とくしま林業アカデミーの運営
 収1: 森林資源の循環利用(木材生産販売事業)
 収2: 各種事務受託等
代表者等理事長飯泉 嘉門(徳島県知事)
副理事長熊谷 幸三(徳島県副知事)、杉本 直樹(徳島県森林組合連合会代表理事会長)
市町村支部長市町村毎に市町村長又は市町村長が推薦する者が就任
森林経営面積11,827.46haとくしま絆の森(機構有林) 1,810.25ha
分収林契約面積(造林) 7,563.21ha (育林)  172.72ha  (オーナー)7.21ha
         うち取得   880.51ha  うち取得  55.16ha
森林管理受託森林    2,274.07ha
                                    (平成28年3月31日現在)
緑の募金平成27年度 33,815千円
その他J-VERクレジット 1,143t-CO2保有                           (平成28年3月31日現在)


徳島森林づくり推進機構の沿革

時期できごと
旧 林業公社旧 とくしま森とみどりの会
昭和23年10月20日社団法人徳島県林業振興会 設立
(徳島市幸町3丁目4番地)
昭和25年県で徳島県緑化推進委員会(任意団体)設立
昭和27年林業振興会が県緑推の事務受託開始
昭和41年11月1日社団法人徳島県林業公社 設立(県庁内)
分収造林方式の森林造成を開始
昭和47年3月区分所有する県林業センタービル完成
事務所移転(徳島市かちどき橋T丁目41番地)
昭和47年10月17日事務所移転(徳島市かちどき橋1丁目41番地 県林業センター内)
昭和51年3月31日第1期 分収造林面積3,400haを達成
昭和59年12月15日森林整備法人の認定
昭和61年3月31日第2期 分収造林面積5,444ha(累計)を達成
平成8年2月1日緑の募金法(H7.5.8法律88号)の規程により、社団法人徳島県林業振興会に徳島県緑化推進委員会を融合し、「社団法人とくしま森とみどりの会」に改組
平成8年3月31日第3期 分収造林面積6,448ha(累計)を達成
平成9年3月1日緑の募金に「家庭募金」がはじまる。
平成13年4月1日林業公社経営改善計画を策定
県借入金(新規)の無利子化
平成15年7月1日徳島県から高丸山千年の森管理業務を受託
平成16年3月31日日亜化学工業(株)様の寄付金10億円
「とくしま絆の森」事業で森林取得に着手
平成17年12月1日林業公社経営改善計画検討委員会報告書の提出とくしま森とみどりの会経営改善計画の策定
平成18年1月林業公社経営改善計画(問題解決プラン)の策定
平成18年3月31日第4期 分収造林面積6,884ha(累計)
以降、新規契約の締結を休止
平成18年4月1日事務所移転(徳島市南庄町五丁目69番地)
県借入金の今後発生利息の無利子化
とくしま森を守るパートナーシップ推進事業を開始
平成19年1月16日特定公益増進法人の認定
平成20年3月〜森林管理受託事業を開始
平成20年7月11日すてきナイスグループ(株)様の森林管理を受託
平成21年1月9日特定公益増進法人の継続認定
平成21年4月1日県地球温暖化対策推進条例の施行と合わせ
とくしま協働の森づくり事業を開始
平成22年5月とくしま森とみどりの会経営改善計画(第2期問題解決プラン)の策定
平成23年1月7日特定公益増進法人の継続認定
平成23年12月28日林業公社あり方検討委員会報告書の提出
平成24年5月28日林業公社経営改善計画(第2期問題解決プラン)の策定
平成24年12月3日徳島県知事より公益社団法人への移行認定
公益社団法人とくしま森とみどりの会に名称変更による設立
平成25年3月18日徳島県知事より公益社団法人への移行認定
平成25年4月1日公益社団法人徳島県林業公社に名称変更による設立
事務所移転(徳島市川内町平石住吉209番地5)
平成25年10月1日全国初の分収林の買取を開始 H25年度334ha
平成25年11月1日(公社)とくしま森とみどりの会と合併契約(公社)徳島県林業公社と合併契約
平成25年11月19日臨時総会開催 合併を承認臨時総会開催 合併を承認
平成26年1月16日徳島県知事より合併後の公益社団法人認定
平成26年4月1日合併効力が発生し、吸収合併存続法人の公益社団法人徳島県林業公社は、公益社団法人徳島森林づくり推進機構に名称変更合併効力が発生し、吸収合併消滅法人として公益社団法人とくしま森とみどりの会は解散
平成27年8月3日とくしま林業機械サポートセンター設置
平成28年4月1日とくしま林業アカデミー開講

Copyright (C) 公益社団法人徳島森林づくり推進機構. All Rights Reserved.