新 林 業 シ ス テ ム


「新皆伐システム」
 高性能林業機械の導入が進み県下で素材生産量の増大に向けた取組が進んでいる中、当機構では、車載式タワーヤーダ+リフトライナー、ハーベスタを新皆伐システムとして新たに導入。
 今後の素材生産拡大と、架線系林業技術者の人材養成に活用することとしています。

新皆伐システム,高性能林業機械,ハーベスタ,新型
タワーヤーダ(+リフトライナー)
簡便に架線集材できる人工支柱を装備した移動可能な集材機。
急傾斜地での作業に向いている。





コンラッド社製(オーストリア) Mounty3000
+Liftliner4000

・従来の集材機に比べ、仮設・撤去が容易で短時間。
・安全で操作性の高いラジコン制御システム。
・3t(ハイパワー)の高速集材。

「新間伐システム」
 幅員2m 程度の簡易な作業道で作業可能な、(小型)車両系高性能林業機械(スイングヤーダ・プロセッサ・フォワーダ通称3点セット)を使い、間伐材を効率的に生産するもので、搬出間伐の生産性を飛躍的に向上させた作業システム。

新間伐システム,高性能林業機械,3点セット,スイングヤーダ

プロセッサ

全木集材されてきた木材の枝払い、測尺、玉切り(造材)を行う林業機械。




IWAFUJI CT-500(GP532)
新間伐システム,高性能林業機械,3点セット,フォワーダ
Copyright (C) 公益社団法人徳島森林づくり推進機構. All Rights Reserved.