木心が通じあう森林づくり
森林整備法人 公益社団法人徳島県林業公社
Part 6
〜六丁の森づくり協力会活動事業〜
2012年11月23日(金) 六丁の森

秋も深まり落ち葉が舞い落ちる六丁の森で、六丁の森づくり協力会の第6回目の活動となる「森へ行こうPart.6」が開催されました。
天気予報は雨のち曇(^_^;) 祈る思いで当日を迎えましたが、秋の六丁にしては暖かいイベント日和になりました。
時折小雨がチラつきましたが、六丁の森にボランティアの方々の元気な声が響きます。
「六丁の森」に協力会の会員を中心に約200名が集まり、いよいよ森づくり活動のスタートです。
・写真をクリックすると拡大します。

今回の植樹は、マップに書いてある落ち葉や昆虫、木の実など「森のさがしもの」をしながら植樹場所まで移動しました。
小さな子供には大変な道もありましたが、みなさん山道を一生懸命登って、急斜面に頑張って植樹してくれました。
・写真をクリックすると拡大します。

たくさん歩いてみんなお腹がペコペコ、やっと待ちに待った昼食の時間になりました。
今回も森の案内人の方々のご協力により、おいしい豚汁と山菜ごはんのできあがり!
あつあつの豚汁をすすりながら、心も体もほっこり。植樹の疲れも吹き飛びました。
やっぱり山で食べるご飯はおいしいですね。森の案内人の皆さま、ありがとうございました。
・写真をクリックすると拡大します。

昼食の後はときめきダンスカンパニー四国の子供たちが創作ダンス「ハナミズキ」を披露してくれました。
森へ行こうの恒例になった「ハナミズキ」ですが、やっぱりこれがないとイベントが締まりません!!
みんな素敵なダンスにみとれていました。
・写真をクリックすると拡大します。

恒例のドラム缶窯料理は、具だくさんのピザを作りました。
生地をのばすのに苦労しましたが、ちょっとしたハプニングもありながらおいしいピザが出来上がりました。
・写真をクリックすると拡大します。

ピザづくりの他にも…竹笛づくりに、ゆみ遊び、アメゴ釣りといろんなものを用意しました!
難しい竹笛も皆さん工夫を凝らして作っていました。そして、ゆみ遊びは子供たちに大人気で、みんなが的に向かって一斉にゆみを放つ姿がとても勇ましかったです。
川では、放流したアメゴを手作りの竹竿でのアメゴ釣り。釣れても釣れなくても竹串のアメゴの塩焼きをまるかじり(^u^)
また、前回までに作成したツリーハウスを大変身させて作った特設ステージに登ったり、谷にかかる丸太の橋で遊ぶ子供達もたくさんいました。
森についての紙芝居やサプライズゲストも登場☆
会場は多いに盛り上がり、皆さん思い思いの楽しみ方で六丁の森を満喫しました。
・写真をクリックすると拡大します。

多くの協力会の会員の方々や一般の方々のご参加とご協力をいただき、誠にありがとうございました。
今後も楽しい森づくり活動を続けていきたいと思いますので、「六丁の森」へまたお立ち寄り下さい。


ご参加ありがとうごさいました。

主催 : 六丁の森づくり協力会
・にこにこ木工クラブ ・丹生谷地域林業研究会 ・阿南地区林業指導者会 ・木頭森林組合 ・那賀川アフターフォーラム ・那賀川工業用水利水者協議会 ・ NPO法人 徳島森の案内人ネットーワーク ・NPO法人 徳島海清会 ・日亜化学工業株式会社
<事務局> 公益社団法人徳島県林業公社
共催 : 「100年続く、木頭の植樹祭。実行委員会」
・ 徳島県自然保護協会 ・生物多様性とくしま会議 ・山部会 ・エコロジーの森を創る会
<事務局> 事務局: Forest Bank